7月11日(水) 天候 晴れのち曇り

お疲れ様です!

 

テニス好きのツチーです。

本日は、クロス工事です!

賃貸のクロス工事の負担は誰がするか?通常損耗がポイントです。

【施工地】

大和郡山市九条町

 

【ご依頼内容】

自社管理物件の賃貸ハイツオーナー様から、入居者退去後のクロス工事の依頼がありました。

 

【施工日】

2018年7月10日(火)

 

【施工の流れ】

全室のクロスの貼り替えです。範囲が広いので日数がかかります。

本日は、全室のクロスをめくり、一部屋だけクロスが貼れました。

(クロスをめくた写真)

 

 

(クロス貼り替えた写真)

【ここで、賃貸ハイツのオーナー様へのワンポイントアドバイス】

賃貸の改修工事はオーナー様負担か?賃貸人負担か?

国土交通省の基準では通常損耗はオーナー様負担になります。

通常損耗の現状回復とは、具体的な裁判事例では、自然に付く汚れやタバコのヤニ・少しの傷程度が通常損耗になりオーナー様負担になります。

故意にクロスをやぶいたり、ペンキの汚れ、大きな穴が開いていれば賃貸人の負担になります。

賃貸トラブルで困ったときは是非GRGにご相談ください。

 

 

ご依頼頂きましたお客様、誠にありがとうございます!

 

【大阪・奈良のクロス工事のご相談は】

 

ぐっどリフォームまで!!

 

 

【お問い合わせはこちら!】

 

0120-49-32-49

 

 

【ホームページはこちら】

 

http://naragrg.com/

 

 

【メールでのお問い合わせはこちら】

 

info@naragrg.com

【住宅設備機器・業務用設備機器のことなら】

 

楽天市場ネットリフォ店へ

 

http://www.rakuten.co.jp/netrefo-grg/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です